支部長ご挨拶

社会保障・税番号制度について ご紹介します。税の役割と税務署の仕事 報酬自動支払制度:日税ビジネスサービス

支部長ご挨拶

支部長就任にあたって
                          東京税理士会 麻布支部
                            支部長  久保 英明

 この度、千田喜之前支部長の後任として6月19日の支部総会日より支部長に就任いたしました久保英明でございます。
税理士登録をさせていただき、早いもので26年が経過しました。登録当初は、全会員数300人前後の支部でございましたが、令和に入りまして6月末時点では、1003名の支部となっております。また、税理士法人も84事務所ございます。東京会の中でも大きな支部となってまいりました。その支部長という重責に身の引き締まる思いであります。諸先輩方が築いてこられました良き伝統であります「和」を大切にし、和気あいあいと活力のある支部運営を志してまいります。
 麻布支部は、来年70周年を迎えます。この周年行事につきましては、現在千田前支部長に実行委員長をお願いし検討を進めていただいております。思い出に残る70周年記念行事となりますよう皆様の一層のご協力よろしくお願いいたします。私も、50周年、60周年と実行委員として参加させていただきました。当時のことが懐かしく思い出に残っております。
 税理士会以外でも、本年はラグビーワールドカップの開催が、2か月後に迫ってまいりました。また、東京オリンピックもちょうど1年後と、楽しみにしていらっしゃる方々も多くいらっしゃると思います。私も、どちらも楽しみにしているところです。ここ港区は、オリンピックの中心都市となり,大変な混雑になることが予測されております。来年の今頃は、大きな会議の自粛も求められており、幹事会や研修会など開催できるものか心配するところです。
 さて、このように行事の多い支部長としての任期期間2年間でございますが、冒頭でも申し上げました通り、会員数1000人を超えますと、皆様のご意見をうかがうことが非常に難しくなってまいります。麻布支部の伝統であります和気あいあいとした支部活動を引き継いでいくためにも、皆様の声が届く体制を構築し、さらなる活性化が必要と常々感じております。そのためにも、研修会、各種同好会など厚生活動また、無料相談会、記帳指導をはじめとする税務支援事業などを通じて皆様に積極的な参加をお願いしていきたいと思っております。
 研修につきましては、36時間研修が義務化され各会員の研修時間が公表されております。麻布支部におきましても、皆様の36時間の研修義務達成に資するよう、昨年は70時間以上の研修会を実施しております。東京オリンピックの影響でしょうか、このところ、研修等に適している広さの会場が続々と立て直し等で閉鎖になり、皆様が参加しやすい会場での開催が難しくなってきております。しかしながら、研修時間を減らすわけにも参りませんので工夫しながら研修時間確保に努めていきます。研修におきましては、会場に来ていただく研修以外にもDVDを使った研修やオンデマンドによる研修、疾病等でどうしても研修に参加できない方には研修受講義務の免除もありますので、ご都合にあわせた方法をご活用いただき36時間の義務を達成していただきたいと思います。厚生活動につきましては、これまでの部、同好会活動に加えて、昨年度ワイン&スピリッツ同好会、フットサル同好会、千田前支部長肝いりで女性中心の活動をするさ和会が立ち上がり盛況に活動しております。
 この度の執行部におきましては、新しく部長をお願いした方、初めて幹事をお願いした方なども多く、任期2年ご協力いただきます。また、法対策部が廃止となり、新たに組織部を設置した初年度になります。組織部の所掌は、麻布支部に新入・転入していただいた方、まだ開業間もない方などの交流の場を提供すること、麻布支部内の税理士法人84事務所との協議を進めるなどです。これから、活発な活動を始めてまいります。
 このように、多方面から事業を進め、支部運営に努めてまいりますので、会員の皆様におかれましては、このような支部行事に一つでも結構ですので、ご参加いただき、ご支援ご協力をお願いいたします。

 最後になりましたが、会員の皆様のご健勝と事務所の益々のご繁栄を祈念いたしまして私の支部長就任の挨拶とさせていただきます。

このページを印刷する このページを印刷する